シロアリの脅威は保育園にも潜んでいる〜薬剤の安全性が重要〜

ぱっと見では分からない!シロアリがもたらす被害

保育園でシロアリの駆除を行なう際の注意点

薬剤散布で使われている薬剤が安全な理由

「日本しろあり対策協会」が認定している薬剤

指差す男性

業者がシロアリ駆除で使用する薬剤は「日本しろあり対策協会」が認定している薬剤なので安心して使用できます。駆除の時はシロアリの種類によって薬剤を使い分けますが、数多くの薬剤は日本しろあり対策協会の認定薬剤です。認定薬剤には各メーカーが登録しており、その中から業者が使いやすい薬剤を選んでいます。薬剤の安全性が心配な人は、使用している薬剤について質問してみると良いでしょう。

5年保証だからもしもの時も安心

シロアリ駆除に使用する薬剤には5年間の保証が付いています。なぜ5年なのかというと、現在の薬剤の効果が続くのは約5年となっているからです。5年以内に万が一、シロアリが発生した場合は無償で再施工してもらえます。詳しい内容が知りたいのであれば、業者に確認してみると良いでしょう。

薬剤が園舎に残らないか不安!作業をするならいつがいい?

まずは業者にシロアリ調査に来てもらおう

駆除する男性

保育園がシロアリの被害に遭っていないかどうかの確認や被害状況の調査は無料で行なってくれる業者がほとんどです。時間帯も9~21時と夜まで対応してもらえます。業者は床下の調査をする時に、汚れが室内に入らないようにしっかりと養生をしてから調査を始めてくれます。また、屋内だけでなく屋外の調査も抜かりなく行なってもらえるので安心です。

シロアリの駆除は夕方以降も依頼可能

保育園でシロアリの駆除を行なうとなると、薬剤による子供たちへの影響が気になるでしょう。できれば駆除は日中がベストではありますが、夕方以降の時間帯でも駆除作業は可能です。駆除作業は21時までであれば対応してもらえます。そのため、子供たちが全員帰った後に駆除をすることができるのです。薬剤を使用する際は調査の時と同じくビニールなどで床や椅子などを覆い、薬剤が付着しないようにしてくれます。使用する薬剤も、保育園ということで人体に害の少ないものを使用してもらえるように相談してみると良いでしょう。

TOPボタン